TEL

喫煙 | 川崎市宮前区宮崎 和み堂整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 喫煙

喫煙

2014.11.12 | Category: 未分類

こんにちは
もう立冬も過ぎ
寒くなります。
「メタボリックシンドロームと喫煙」

喫煙はメタボの発症リスクを高めます。

メタボリックシンドロームの原因というと過食や運動不足が浮かびますが。

喫煙習慣は糖代謝や脂質代謝に異常を引き起こし、メタボリックシンドロームの要因である糖尿病や脂質異常症の発症リスクを高めます。
また、たばこを吸うと血管が収縮するため、血圧の上昇も招きます。

そのほか、内臓脂肪を増加させることが分かっています。

非喫煙者に比べて1日31本以上喫煙する人のメタボリックシンドローム発症リスクは約1.6倍という研究結果も出ています。
さらにメタボリックシンドロームで、かつ喫煙している人は動脈硬化が進行しやすくなります。その理由は、次の通り。

・たばこに含まれる活性酸素は血管内膜を障害すると共に、血液を凝固させ、血栓ができやすくする。

・一酸化炭素が血管を拡張させる物質の産生を低下させ、血管を損傷させる。

動脈硬化が悪化すると、虚血性心疾患や脳梗塞など、命にかかわる重篤な病気の発症リスクが著しく増大します。
ですから、メタボリックシンドローム対策と喫煙対策は「車の両輪」と考え、両方ともできるだけ早期に行うことが大切です。
             交通事故治療むちうち治療なら実績ある
                 和み堂整骨院鍼灸院へ
                    川崎市宮前区宮崎台駅 044-877-0087